日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「JANIC」が行う支援活動で期待できることとは?

投稿日:2017年7月25日 更新日:

2

JANICは認定NPO法人で、国際協力NGOセンターのことです。
現在日本にNGOは数えきれないくらい存在しております。それらが個別に活動をすることも大切ではありますが、力を結集させて支援活動にあたる方が当然大きな成果を発揮することができるでしょう。
しかし、たくさんあるNGOをまとめることは本当に難しいのですが、JANICはそれを可能にするための活動を行っています。それぞれのNGOが持っている力を結集することによって大きな力を生み出すことができますが、JANICはそれを可能にするネットワークNGOでもあります。
約30年の歴史を持っており数多くのNGOが正会員となっており、共通の目標に向かって力を合わせて目的を達成するために活動を続けています。

NGOによる支援活動を必要としている人たちは日本だけではなくて、世界中に数多く存在しています。ネットワークNGOを構築することによって連携促進が可能になり、単体では不可能だった事柄にも対処できるようになり、より素晴らしい結果が導き出されるでしょう。

JANICが行っている支援活動によって期待できることは山のようにありますが、NGO同士の横の繋がりが強化されることによるメリットは計り知れません。組織力の強化によって支援活動を行う際に必要不可欠な支援対象となる人たちの現状確認も速やかに行われますし、適切に情報交換がなされることによって、支援活動が必要なところを素早く把握でき、困っている人たちを救うことが容易になります。
NGOキャリア教育体系、NGO職種別スキル、NGO組織スキル診断、NGO総務の知恵なども用意しており、質が高く充実した活動を行いやすくなること間違いありません。

JANICは政策提言や啓発活動にも注力していて、一般的なNGOなどでは不可能な事柄に関しても関わることができるのが特徴でしょう。
また、必要に応じて政府との対話も行っており、NGOが適切な支援活動を行いやすい環境作りもできそうです。このような政府との関わりを作ることは一般的なNGO単体では非常に困難ですがJANICであれば様々な形で政府との対話ができます。

こういったことからJANICの活動によって個々のNGOが困っている人たちを救うための活動を行いやすくなり、支援の在り方も良い意味で大幅に変わってくるでしょうから、JANICに期待できることはとても多いと思われます。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

book-3188289_1920

ホープ・インターナショナル開発機構が行っている活動内容とは?

ホープ・インターナショナル開発機構では、世界の貧困層や厳しい環境を強いられている人々に自立支援を行っています。世界で様々な取り組みを行っているホープ・インターナショナル開発機構ですが、そのプロジェクト …

stop-teenager-suicide-2369097_960_720

LINEポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

コミュニケーションの幅を広げてくれる便利で楽しいLINEは、今や日本に欠かせないアプリとなっています。最近では企業側がユーザー間とのコミュニケーションツールとしてLINEアカウントを活用している場面も …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …

YamaBSM / Pixabay

日本盲導犬協会 募金

日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を …

3

「KnK」が行う支援活動で期待できることとは?

KnKは「国境なき子どもたち」の略称で、アジアを中心に活動しています。 大きな特徴として挙げられるのは、日本国内においても活動を行っているという点でしょう。岩手県の沿岸部において東日本大震災に関する支 …