日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「熊本城組み立て募金」とは?

投稿日:2018年6月29日 更新日:

熊本城組み立て募金についてご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。熊本城組み立て募金は、震災で被災した熊本城の復旧を応援するための募金活動です。熊本城の復旧には、約20年かかるのではないかと言われています。そんな中で計画されたプロジェクトは、いったいどのようなものなのか、熊本城組み立て募金についての詳細を紹介していきましょう。

熊本城組み立て募金とは

まず、熊本城組み立て募金とはどのようなものなのでしょうか。熊本城組み立て募金は、ダンボール会社が考えた被災地支援の仕組みの1つです。「組み立て募金」と名付けられたこの活動は、およそ30分程度で組み立てられるダンボールの熊本城を購入することで、その金額が募金として寄付されるというものです。震災の風化は非常に恐ろしいことでもあります。

熊本城組み立て募金は、この募金活動を通して震災の復興に対しての重要性と風化防止を進めていければ良いのではないかという考えのもと、計画された募金活動です。

熊本城復興には600億円が必要

熊本城組み立て募金は、ダンボールの熊本城を組み立てることで復興を応援するというこれまでにはなかった募金の仕組みです。熊本城の復興には約600億円もの費用がかかると言われており、募金だけでなく、風化をも防ごうという思いが込められています。ダンボールの熊本城を組み立てるための時間は、完成した手のひらサイズの熊本城を飾るということも、風化を防ぐことへつながっています。1つのダンボール熊本城は2000円で、購入することで熊本城のためにお金を使い、組み立てることで時間を使い、さらに飾ることで風化を防ぐという仕組みで、このお金はすべて熊本城復興のために寄付されます。

当初販売された2000個はすぐに完売し、関連動画は17万回もの再生がされています。現在も購入できるようになっており、1人でも多くの方の協力を呼びかけているのです。また、2017年の発売以降、1日も早い熊本城の復興を願う方が増え続けているのです。

熊本城組み立て募金について紹介してきましたが、いかがでしたか。ダンボールの熊本城を組み立てると、「フレフレ熊本」という看板が添えられていることに気付きます。熊本城の特徴でもある黒壁の大小の天守や屋根のしゃちほこなどは、少しでも震災の風化が進まないようにという願いが込められた特徴的な作りとなっています。

そんな熊本城組み立て募金は、支援者の気持ちから今後もさらに購入者が増えていくことでしょう。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

1

日本ユニセフ協会が行う支援活動で期待できることとは?

ユニセフについて 色々な支援を行っている団体について書いていこうと思いますが、その中で、その活動が何に役立っているのかも含めて色々と知っていきたいと思います。まずは、名前自体をよく知っている団体につい …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …

8

「ESAアジア教育支援の会」が行う支援活動で期待できることとは?

ESAアジア教育支援の会は、1979年に設立された特定非営利活動法人です。 子どもに向けた教育に関する熱心な活動をしており、世界中で発生している貧困に関する問題や、差別に関するもの、さらにそれ以外の子 …

HeatherPaque / Pixabay

無印良品の募金券

無印良品はとても有名で年齢を問わずに人気です。様々な生活雑貨を取り扱っており、価格や質などから世界的な人気があります。自宅の近くにお店がある方も多いでしょう。 そんな無印良品では、独自の募金活動を行っ …

pisauikan / Pixabay

募金の妥当額

募金に妥当な金額というものがあるかわかりませんが、ネット上の記事の中には、「大体いくらくらいが妥当なのか?」やそれに関係するアンケートの記事もありました。 実際に募金をした人や、募金に興味のある人から …