日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

IKEA FAMILY 子ども募金

投稿日:


家具などの量販店として知られるIKEAは、日本でも高い認知度を誇るお店です。品質の良い製品を扱っていることでも知られていますし、コストパフォーマンスの良さには定評があります。そんなIKEAでは、独自の募金サービスを行っており、子どもたちが暮らしやすい世の中を作り上げるためにその資金を活用しています。

一般的な募金といえば、自らのお金を寄付する形ですが、IKEA FAMILY 子ども募金は少し趣向が違います。IKEAが発行しているカードにIKEAFAMILYカードというものがありますが、これを会計時に掲示することにより自動的にイケア・ジャパンから募金されるようになっており、消費者は自らのお金を出すことなく社会貢献活動ができるという制度です。この試みにより2016年度には5,600万円を超える金額が集まりました。

IKEA FAMILY子ども募金によって集まった資金は幼稚園作りや保育園作り、そして児童養護施設の運営などに活かされています。日本各地の様々な公益社団法人や社会福祉法人、学校法人、公益財団法人などに寄付される形で有効利用されています。

世界には恵まれない子どもたちがたくさんいるという現状に気づいている人も多いですが、実は日本国内においても必ずしもすべての子どもが幸せを享受できているわけではありません。こういった子どもたちのためにIKEA FAMILY 子ども募金が大きな役割を担っているのです。

この取り組みはイケア・ジャパンが行っていますが、そもそもイケアはスウェーデン発祥の世界規模の企業です。北欧といえば日本以上に社会福祉にしっかりと取り組んでいるイメージがありますが、そういった影響も受けてこのような社会貢献活動をイケア・ジャパンで実施しているのかもしれません。ある意味では自己犠牲を伴う募金制度ですが、それを遂行しているという部分に懐の深さや社会に対して貢献すべきという気持ちが垣間見えます。

自らの買い物により、子どもたちをより幸せにできる可能性があるというのは非常に魅力のあることなので、それを目的にIKEAFAMILYカードを所有し始めた人もいるのかもしれません。店舗に行って買い物をしてIKEAFAMILYカードを提示するだけというわかりやすいですね。おそらく今後は同様の募金方法が、他の企業においても見られるのではないでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

geralt / Pixabay

セブンイレブン 募金

大手コンビニエンスストアのセブンイレブンに関わりのあるセブン-イレブン記念財団。この団体は募金により、あらゆる活動を可能にしています。セブンイレブンにはレジ前に専用の募金箱が設けられていて、そこにお客 …

HeatherPaque / Pixabay

無印良品の募金券

無印良品はとても有名で年齢を問わずに人気です。様々な生活雑貨を取り扱っており、価格や質などから世界的な人気があります。自宅の近くにお店がある方も多いでしょう。 そんな無印良品では、独自の募金活動を行っ …

8

「ESAアジア教育支援の会」が行う支援活動で期待できることとは?

ESAアジア教育支援の会は、1979年に設立された特定非営利活動法人です。 子どもに向けた教育に関する熱心な活動をしており、世界中で発生している貧困に関する問題や、差別に関するもの、さらにそれ以外の子 …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …

YamaBSM / Pixabay

日本盲導犬協会 募金

日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を …