日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

国土緑化推進機構が行う緑の募金

投稿日:

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それを目的とした募金活動も日本で行われています。

例えば美しい森林を守るための活動でもある緑の募金は誰もが知る募金活動で、緑化や環境維持のために資金が使用されています。もともとこの活動は「緑の羽根募金」と呼ばれるものでしたか、平成7年より「緑の募金」という名称に変更され、新たに活動を開始しました。

一昔前の日本には多くの森林が存在しており、その状態も比較的良好でした。しかし無理な伐採や環境の悪化などにより森林や山の状態が悪くなるケースが増えています。それらを管理していた人たちの高齢化に伴い適切な管理が行き届かなくなることにより緑が荒れてしまい、募金を活用した支援活動が必要とされているのです。

森林を構成しているのは木なので、当然すぐに荒れ果てた森林を元通りにすることはできません。長い時間がかかるのですがその行動を起こす必要があり、実際に今では一昔前に募金によって整備された森林がよみがえっている現状があります。

充実した森林は人間の精神維持のためにも役立ちますし、それだけではなくきちんと整備された立派な森林は、荒れ果てた森林と比べて洪水防止効果なども高いのが特徴です。森林の質によっては土砂崩れのリスクも低下させてくれ、この整備のために緑の募金が不可欠なのです。

緑の募金は公益社団法人の国土緑化推進機構が行っているのですが、その他にも複数の団体が協力関係にあり、制度の周知や募金活動の実施に尽力しています。上記のように緑の募金によって集められた資金は森林整備のために活用されますが、その他にも森林環境に関する教育にも使用されます。
具体的には「森の教室・どんぐりくんと森の仲間たち」というプログラムの実施によって小さな子どもたちに緑の大切さを伝える活動を行っているのです。こういった教育活動こそが将来的な緑化維持に非常に役立つことがわかっています。

そして災害復興支援や国際協力、また故郷の森林再生活動にも募金が活用されているのが特徴でしょう。緑化推進委員会を通じて募金をすることも可能ですし、街頭での募金、さらにコンビニなどの店頭に置かれている募金箱を使った募金活動や、インターネットを介した方法などでもあります。その他様々な方法で緑の募金に協力することができます。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

pixel2013 / Pixabay

今話題の「テブラ ニンジャコイン」がサッカーW杯決勝リーグ記念チャリティーキャンペーン開始

旅行に出かける際、手ぶらで観光したいと思う人はどのくらいいるでしょうか。重たい荷物で両手がふさがっているとせっかくの観光も台無しになってしまいます。宿泊先に荷物を預けるのが面倒でコインロッカーに預けよ …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …

Alexas_Fotos / Pixabay

「ワールド・ビジョン・ジャパン」が行う支援活動で期待できることとは?

「ワールド・ビジョン」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。ワールド・ビジョンとは、キリスト教に基づく精神の開発援助や緊急人道支援、市民社会や政府への働きかけなど、様々な支援活動を行う国際NGOで …