日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

日本骨髄バンク

投稿日:

DarkoStojanovic / Pixabay
日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。

白血病などの難病で悩む方々を救済することを目的にしており、善意の骨髄提供を仲介することが役割になっています。ドナーと骨髄を必要とする難病患者を繋ぐ架け橋となって、これまでに多くの骨髄を提供してきました。

日本骨髄バンクの主な役割は骨髄の提供とドナーの募集ですが、活動を続けていくための募金も募集されています。骨髄バンクを運営するためには多額の資金が必要になっており、活動継続のための一般寄付や賛助会員の募集などを受け付けています。公的な補助も受けているようですが十分ではなく、善意の寄付を必要としているようです。

日本骨髄バンクの募金・寄付は、骨髄バンクの運営目的にのみ利用されています。具体的にはドナー登録に関しての啓発活動やポスターの作成、ドナー登録会の実施、ドナーを安全に提供できるための仕組みづくりなど多岐に渡っています。これら以外にも患者の金銭的な負担軽減のためや、日本骨髄バンクの財団運営・活動のためにも使用されます。財団の運営や啓発活動などにのみ使われるため、用途が明確になっているのは魅力です。

寄付の種類は、一般寄付と賛助会員の2種類が用意されています。一般寄付は任意の金額で、寄付金の半分以上が普及啓発活動と連絡調整の事業に使われます。もう一つの賛助会員は、個人が一口1万円、団体が一口10万円の寄付を年1回行ってもらう方式で、財団の運営や患者のコーディネート費用などに充てられます。賛助会員は継続寄付となりますが、いつでも入会・退会できるようになっています。

骨髄バンクへ寄付をする方法は数種類あります。ゆうちょ銀行・みずほからの募金、インターネットバンキングによる募金のほか、クレジットカードによる募金も行えます。
また、他にも口座からの自動引落や、一部カードのポイントを利用した募金、骨髄バンククレジットカードなどの方法もあります。寄付の手段は様々ありますので、自分に一番合った方法を選ぶことが可能です。ただし、それぞれ寄付をするまでの流れがかなり異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

骨髄バンクの運営によって、毎年多くの患者が骨髄の提供を受けており、難病の治療に役立てられています。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

9

「アジア協会アジア友の会」が行う支援活動で期待できることとは?

アジア協会アジア友の会は、公益社団法人でJAFSと呼ばれることも多いです。アジアの各国で活動を行っており、支援活動を必要としている様々な地域で、救うための有意義な活動をしています。 活動内容は多岐にわ …

6

「ジョイセフ」が行う支援活動で期待できることとは?

ジョイセフは恵まれない人達が多い国において活動しており、その成果はしっかりと出ていると言えるでしょう。 女性が生きやすい社会にすることを目的としており、実際に女性が人間らしく生きやすい世の中になること …

JACLOU-DL / Pixabay

国土緑化推進機構が行う緑の募金

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それ …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …

falco / Pixabay

募金でできること

街頭や店頭、そしてインターネット上などで行われている募金活動ですが、そういった募金活動により集められた多くの募金は、様々な人たちを支援する目的で活用されています。今回はその募金を活用して一体どんなこと …