日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「JXTGエネルギー東京2020パラリンピック応援クリック募金」とは?

投稿日:2018年6月25日 更新日:

JXTGエネルギーは、2017年4月より2020年の東京パラリンピックの競技を応援するための「JXTGエネルギー東京2020パラリンピック応援クリック募金」を開始しています。社会貢献活動として、パラリンピック競技を応援する気持ちを提供するべく、1人でも多くの協力を呼びかけているのです。

そんなJXTGエネルギー東京2020パラリンピック応援クリック募金について詳しくご紹介しましょう。

JXTGエネルギー東京2020パラリンピック応援クリック募金

JXTGエネルギー東京2020パラリンピックの応援クリック募金は、東京2020ゴールドパートナーとして行うパラリンピック支援活動の1つで、サイト上に設けた募金ボタンの1クリックで1円の募金ができます。クリック数に応じて、パラリンピック競技団体に寄付し、寄付された募金は競技団体が開催する大会運営、盛り上げなどの様々な部分に活用されることになっています。

JXTGエネルギーは、応援する競技団体を3ヶ月ごとに変更し、クリック募金を続けているのです。JXTGエネルギーはグループ理念である市民社会の発展への貢献として、この応援クリック募金を展開しているのです。

これまでの実績も掲載

JXTGエネルギーは、これまでのクリック募金における使途実績を随時ウェブサイトに掲載しています。2017年4月からのクリック募金では52万以上のクリック数を達成し、同額をNPO法人日本視覚障害者柔道連盟に寄付しています。同年7月からのクリック募金は50万以上のクリックを達成し、同額を一般社団法人日本パラサイクリング連盟に寄付しているのです。

また、同年10月以降は48万以上の寄付金を特定非営利法人日本障害者スキー連盟に寄付しています。このように、具体的な使途実績を掲載することで、クリック募金をより身近なものとして感じてもらえるように展開していると言えるでしょう。JXTGエネルギーは、2020年に開催される東京パラリンピック競技を応援するべく、一人ひとりのクリックでパラリンピックアスリートへ力を送ろうと努力しているのです。

JXTGエネルギーの市民社会の発展への貢献は、2020年の東京パラリンピック競技に大いに貢献されることでしょう。こうした取り組みは、1人でも多くの方の協力がなくてはできないことでもあります。JXTGエネルギーは、ほかにも社会貢献活動として様々な取り組みを続けています。

JXTGエネルギーの社会貢献活動について気になる方は、HPなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

YamaBSM / Pixabay

日本盲導犬協会 募金

日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を …

JACLOU-DL / Pixabay

国土緑化推進機構が行う緑の募金

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それ …

book-3188289_1920

ホープ・インターナショナル開発機構が行っている活動内容とは?

ホープ・インターナショナル開発機構では、世界の貧困層や厳しい環境を強いられている人々に自立支援を行っています。世界で様々な取り組みを行っているホープ・インターナショナル開発機構ですが、そのプロジェクト …

7

「ワールドギフト」が行う支援活動で期待できることとは?

国際社会支援推進会のワールドギフトは、不用品を活用することによって開発途上国で困っている子どもを救うための活動をしています。(日本での支援活動も行っています) この支援によって期待できることは様々あり …

8

「ESAアジア教育支援の会」が行う支援活動で期待できることとは?

ESAアジア教育支援の会は、1979年に設立された特定非営利活動法人です。 子どもに向けた教育に関する熱心な活動をしており、世界中で発生している貧困に関する問題や、差別に関するもの、さらにそれ以外の子 …