日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

日本盲導犬協会 募金

投稿日:


日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を繋ぐ架け橋的役割を担っています。1967年に設立された歴史ある盲導犬団体で、全国的な活動を実施しているのが特徴です。

日本盲導犬協会では寄付や募金も受け付けています。募金・寄付金は主に盲導犬の訓練や財団の運営など、盲導犬関連事業に充てられています。支援する方法は複数あるため、支援したい方は寄付や募金を行いやすい体制が作られています。
個人と法人・団体どちらも支援が可能になっています。個人で日本盲導犬協会を支援する方法は、寄付と賛助会員の2つが用意されています。
寄付は自由に寄付金の額を決めることが可能で、寄付金は盲導犬の育成費用などに充てられます。任意のタイミングで寄付できるようになっており、1回あるいは不定期に寄付したい方に適した方法です。
もう一つの賛助会員は、月会員または年会員の2種類あります。月会員は月に1回寄付を行う会員で、年会員は子犬会員と親犬会員があり、所定の口数を毎年1回支援します。いずれの会員も金額が決められており、自動で寄付できるのが特徴です。継続的に日本盲導犬協会を支援したい方は、寄付よりも賛助会員が適しているでしょう。

日本盲導犬協会 募金へ寄付・募金をする方法は様々あります。寄付の場合はクレジットカードまたは郵便振替の2種類から選ぶことが可能です。賛助会員は銀行口座からの引き落としにも対応しています。

他にも募金する方法がありますが、インターネットを利用した複数の方法から選べます。Yahoo!ネット募金を通じた募金、スマートフォンのアプリを使ったかざして募金、そしてWeb Moneyの3種類です。Yahoo!ネット募金、かざして募金は1回100円から、Web Moneyについては1円から募金できるようになっています。少しだけ支援したい場合でも利用出来ます。

盲導犬を必要としている人は少なくありません。しかし盲導犬の育成や指導員の養成は追いついていないのが実情です。日本盲導犬協会への寄付・募金はいずれも少額から可能ですので、支援の輪を広げることも期待できるでしょう。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

7

「ワールドギフト」が行う支援活動で期待できることとは?

国際社会支援推進会のワールドギフトは、不用品を活用することによって開発途上国で困っている子どもを救うための活動をしています。(日本での支援活動も行っています) この支援によって期待できることは様々あり …

6

「ジョイセフ」が行う支援活動で期待できることとは?

ジョイセフは恵まれない人達が多い国において活動しており、その成果はしっかりと出ていると言えるでしょう。 女性が生きやすい社会にすることを目的としており、実際に女性が人間らしく生きやすい世の中になること …

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

geralt / Pixabay

あしなが学生募金事務局

あしなが育英会は数ある育英会制度の中でも有名な存在で、親が病気や何らかの災害などにより亡くなったり、重い障害を抱えている際に、その子どもに奨学金が支給される制度です。1年間に約5,000人程度の生徒が …

blickpixel / Pixabay

Brother Earthのクリック募金

Brother Earthのクリック募金は、クリックすることで募金が可能な募金サービスです。ミシンやFAXなどの製品を製造・販売しているブラザーグループが運営しており、主に環境保全・保護のための募金に …