日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

今話題の「テブラ ニンジャコイン」がサッカーW杯決勝リーグ記念チャリティーキャンペーン開始

投稿日:2018年8月16日 更新日:

旅行に出かける際、手ぶらで観光したいと思う人はどのくらいいるでしょうか。重たい荷物で両手がふさがっているとせっかくの観光も台無しになってしまいます。宿泊先に荷物を預けるのが面倒でコインロッカーに預けようとする人もいますが、みんな同じような行動をとりロッカーが全部埋まっているなんていうこともよくある話です。一般社団法人手ぶら観光協会が主催する「Tebura」は、そんな旅行先のストレスを解消すべくICOプロジェクトを立ち上げました。ここでは、「ニンジャコイン」がサッカー日本代表W杯決勝トーナメント出場記念を機に開始したチャリティーキャンペーンについて解説していきましょう。

Teburaとは

Teburaは手荷物預かりサービスをさらに快適に利用してもらうために、荷物のピックアップや配送サービスを提供するプロジェクトで、事務所や飲食店などの空いた時間や空間を利用し「荷物預かり店舗」として活用していくサービスです。このプロジェクトを利用することで、訪日観光客やコインロッカー難民でも手ぶらで観光を楽しむことができるでしょう。ICOで販売されるニンジャコインは、Teburaのプロジェクト内で手荷物預かりサービス、観光関連サービス、ICO支援サービスにおける通貨としての役割を持っています。

W杯決勝リーグ出場を記念したチャリティーキャンペーン

今回のキャンペーンは、株式会社セームページと共同で主催するEthereumアドレスサービスとチャリティーを掛け合わせた活動です。Ethereumアドレスサービスにて途上国の子ども達や体にハンディキャップのあるサッカー選手に対して寄付を行うことで、日本の代表選手の名入りEthereumアドレスを取得することができます。寄付には最低金額の設定がないので、何円からでも寄付することが可能です。日本代表選手の中で希望者を1人絞り、寄付金額の高い人1名だけサッカー日本代表選手のアドレスがプレゼントされる仕組みになっています。集められた寄付金の内70%は、非営利活動法人または障がい者サッカー連盟などに寄付され、残りの30%はアドレス作成に寄付する仕組みです。

Teburaニンジャコインは、2018年のW杯日本代表の決勝リーグ出場を記念して「スポーツ×チャリティー×ブロックチェーン」を実施しました。日本代表選手名のEthereumアドレスを獲得したい方は、途上国の子ども達や体にハンディキャップを持つサッカー選手に寄付をしてオリジナルのEthereumアドレスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

Couleur / Pixabay

日本政府が行う人道支援

世界各地では紛争や貧困、難民、環境・衛生、医療提供の不足など様々な問題を抱えています。これらの問題解決や世界の人々に支援を行う国際団体は数多くあり、多くの人がボランティア活動や募金活動に協力しています …

1

日本ユニセフ協会が行う支援活動で期待できることとは?

ユニセフについて 色々な支援を行っている団体について書いていこうと思いますが、その中で、その活動が何に役立っているのかも含めて色々と知っていきたいと思います。まずは、名前自体をよく知っている団体につい …

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

5

「チャイルドサポーター」が行う支援活動で期待できることとは?

日本の子どもと開発途上国などで暮らしている子どもが抱えている問題はかなり異なります。 一般的に考えると当たり前だと思いがちな衛生面に関する問題も、国によっては衛生環境が劣悪というケースも少なくありませ …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …