日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

投稿日:2018年7月17日 更新日:

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、その国ごとでも独自の活動を行っています。

個人や企業、団体などから集められた募金は、世界各地で起こる地震や台風、水害などの自然災害にも役立てられています。今回は、日本の国内委員会である日本ユニセフ協会が東日本大震災の時に行っていた支援活動についてご紹介していきましょう。

東日本大震災後すぐに日本ユニセフ協会が活動をスタート

ユニセフは震災2日後の3月13日に、被災した子どもたちを支援するための緊急支援を日本ユニセフと協力して行うことを表明しました。そして、日本ユニセフ協会は東日本大震災後すぐに現地への支援活動を開始しました 。ユニセフによる日本の子供たちへの支援は、昭和24年から昭和39年まで続いた「粉ミルク」などの支援や昭和34年の伊勢湾台風被災者への支援以来約50年ぶりでした。因みにユニセフの先進国での支援活動はあまり例がないそうです。

この緊急支援では、デンマークにあるUNICEF物資供給センターから緊急支援物資が届いたり、国内のパートナー企業からも支援物資が届いたりし、水や衛生用品、下着などの救援物資が支援されました。学校用カバンや子ども用靴下、文房具、絵本、図書、レクリエーションキットなど子どもたちに必要な支援物資も数多く含まれています。

震災後に東京・宮城・岩手の3箇所に緊急支援チームが発足され、震災4日目には「東日本大震災緊急募金」がスタートします。国内からだけでなく、海外のユニセフ協会を通じてたくさんの募金が寄せられました。

病気や怪我だけでなく心のケアも

東日本大震災では、病気や怪我から子どもたちを守るために健康診断や予防接種、栄養相談などが優先的に行われました。国内の専門家団体と協力しながら飲料水や衛生用品などの配布、授乳スペースの確保、仮設トイレの設置も行っています。赤ちゃんや妊婦は、安全な地域に搬送され一時避難を支援するプロジェクトも行われました。

母乳は赤ちゃんにとって最も理想的な食事とされていることから、「非常時こそ母乳を」という呼びかけや広告をお母さん方に配布し、周囲の人へも子育てへの理解を求める活動も行われていました。また、子どもたちが1日でも早く日常生活を取り戻せるように、幼稚園や学校の再開も支援します。災害によって傷ついた心のケアを行うべく、遊び道具の提供や外遊びプロジェクトなど少しでも子どもたちが笑顔を取り戻せるよう長期間に渡って支援活動が行われています。

世界の子どもたちから励ましや応援の声やメッセージが届けられていることからも、支援の輪が世界中に広がっていることが認識できるでしょう。被災者への懸命な支援の成果によって、復興へ向けた力強い勇気や可能性を実感した方も多いのではないでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

HeatherPaque / Pixabay

無印良品の募金券

無印良品はとても有名で年齢を問わずに人気です。様々な生活雑貨を取り扱っており、価格や質などから世界的な人気があります。自宅の近くにお店がある方も多いでしょう。 そんな無印良品では、独自の募金活動を行っ …

geralt / Pixabay

ドラえもん募金が北朝鮮に送られるネタはデマだった

2月6日に発生した台湾東部の地震を巡って、ドラえもん募金が一部しか届かないといった事態が起こっているという情報が世間に広がりました。もしこの情報が事実だとしたら大変なことです。今回は情報の詳細とドラえ …

hand-506754_1920

ロシアW杯で大活躍したフランス代表FWムバッベが出場給を全額寄付

ロシアW杯で大活躍したフランス代表FWエムバペが出場給を全額寄付 まだ記憶に新しいロシアワールドカップに出場した選手の中で、エムバペというフランス代表の選手をご存知でしょうか。彼は19歳という若さでワ …

stop-teenager-suicide-2369097_960_720

LINEポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

コミュニケーションの幅を広げてくれる便利で楽しいLINEは、今や日本に欠かせないアプリとなっています。最近では企業側がユーザー間とのコミュニケーションツールとしてLINEアカウントを活用している場面も …