日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

今話題の「テブラ ニンジャコイン」がサッカーW杯決勝リーグ記念チャリティーキャンペーン開始

投稿日:2018年8月16日 更新日:

旅行に出かける際、手ぶらで観光したいと思う人はどのくらいいるでしょうか。重たい荷物で両手がふさがっているとせっかくの観光も台無しになってしまいます。宿泊先に荷物を預けるのが面倒でコインロッカーに預けようとする人もいますが、みんな同じような行動をとりロッカーが全部埋まっているなんていうこともよくある話です。一般社団法人手ぶら観光協会が主催する「Tebura」は、そんな旅行先のストレスを解消すべくICOプロジェクトを立ち上げました。ここでは、「ニンジャコイン」がサッカー日本代表W杯決勝トーナメント出場記念を機に開始したチャリティーキャンペーンについて解説していきましょう。

Teburaとは

Teburaは手荷物預かりサービスをさらに快適に利用してもらうために、荷物のピックアップや配送サービスを提供するプロジェクトで、事務所や飲食店などの空いた時間や空間を利用し「荷物預かり店舗」として活用していくサービスです。このプロジェクトを利用することで、訪日観光客やコインロッカー難民でも手ぶらで観光を楽しむことができるでしょう。ICOで販売されるニンジャコインは、Teburaのプロジェクト内で手荷物預かりサービス、観光関連サービス、ICO支援サービスにおける通貨としての役割を持っています。

W杯決勝リーグ出場を記念したチャリティーキャンペーン

今回のキャンペーンは、株式会社セームページと共同で主催するEthereumアドレスサービスとチャリティーを掛け合わせた活動です。Ethereumアドレスサービスにて途上国の子ども達や体にハンディキャップのあるサッカー選手に対して寄付を行うことで、日本の代表選手の名入りEthereumアドレスを取得することができます。寄付には最低金額の設定がないので、何円からでも寄付することが可能です。日本代表選手の中で希望者を1人絞り、寄付金額の高い人1名だけサッカー日本代表選手のアドレスがプレゼントされる仕組みになっています。集められた寄付金の内70%は、非営利活動法人または障がい者サッカー連盟などに寄付され、残りの30%はアドレス作成に寄付する仕組みです。

Teburaニンジャコインは、2018年のW杯日本代表の決勝リーグ出場を記念して「スポーツ×チャリティー×ブロックチェーン」を実施しました。日本代表選手名のEthereumアドレスを獲得したい方は、途上国の子ども達や体にハンディキャップを持つサッカー選手に寄付をしてオリジナルのEthereumアドレスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

qimono / Pixabay

NGO組織ジャパン・プラットフォームの仕組みや歴史とは?

NGOジャパン・プラットフォームは紛争や災害で苦しむ地域を対象に、緊急支援や人道支援を行うNGOをサポートする団体です。政府をはじめ、企業や個人の寄付金を支援活動にあて、迅速な現地出動や援助活動を行っ …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …

falco / Pixabay

募金でできること

街頭や店頭、そしてインターネット上などで行われている募金活動ですが、そういった募金活動により集められた多くの募金は、様々な人たちを支援する目的で活用されています。今回はその募金を活用して一体どんなこと …

YamaBSM / Pixabay

日本盲導犬協会 募金

日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を …

blickpixel / Pixabay

Brother Earthのクリック募金

Brother Earthのクリック募金は、クリックすることで募金が可能な募金サービスです。ミシンやFAXなどの製品を製造・販売しているブラザーグループが運営しており、主に環境保全・保護のための募金に …