日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

募金でできること

投稿日:


街頭や店頭、そしてインターネット上などで行われている募金活動ですが、そういった募金活動により集められた多くの募金は、様々な人たちを支援する目的で活用されています。今回はその募金を活用して一体どんなことができるのかを簡単に紹介していきます。

例えば、日本ユニセフ協会などの組織では、世界中で恵まれない生活を送っている子どもたちを、募金を活用することにより支援しています。特に水や衛生面、そして教育に関わる支援活動を中心に、あらゆる開発途上国において積極的に活動がされており、それ以外の分野でも、医療や子どもの権利を守るための活動、子どもと仕事に関する内容、女性(女子)の権利の保護のためにも力を入れています。

具体的には予防接種を子どもが受けるための支援や、ワクチンを適切な状態で保管することができる機材やワクチンを体内に入れるための注射器の購入などが募金によって賄われています。
例)経口ポリオワクチン:10回分で158円、はしかの予防接種用ワクチン:10回分で304円。予防接種用ワクチンの保管のための特殊冷蔵庫:35万円以上、ワクチン用保冷質:160万円以上

その他にも、栄養を摂取できるパウダーや栄養治療食、そして栄養不良の子ども向けの治療用のミルクも、集められた募金を使用して提供されているのです。

さらに教育の分野では、文房具や運動用品など、勉強するために最低限必要なものも現地で準備することはできませんから、日本ユニセフ協会が集めた募金が有効活用される形で教育に寄与しています。募金によってできることはその募金を扱っている団体や組織によって異なりますが、日本ユニセフ協会の場合は上記のような子どもを対象にした国際的な支援が主です。

もちろん日本国内でも募金活動は頻繁に行われています。あしなが学生募金では、何らかの理由により親がいない人や、重度の障害により子どもを学校に行かせることが困難な場合に、活用できる奨学金の為に集められる募金です。毎年春と秋に4日間全国200か所募金活動が実施されているとの事で、子どもの将来や夢を守るために有効活用されているそうです。
その他には、国内の緑化を助ける緑の募金や社会的弱者のための赤い羽根共同募金などもあり、それぞれの募金が困っている人のために使用されているという状況です。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

7

「ワールドギフト」が行う支援活動で期待できることとは?

国際社会支援推進会のワールドギフトは、不用品を活用することによって開発途上国で困っている子どもを救うための活動をしています。(日本での支援活動も行っています) この支援によって期待できることは様々あり …

5

「チャイルドサポーター」が行う支援活動で期待できることとは?

日本の子どもと開発途上国などで暮らしている子どもが抱えている問題はかなり異なります。 一般的に考えると当たり前だと思いがちな衛生面に関する問題も、国によっては衛生環境が劣悪というケースも少なくありませ …

blickpixel / Pixabay

Brother Earthのクリック募金

Brother Earthのクリック募金は、クリックすることで募金が可能な募金サービスです。ミシンやFAXなどの製品を製造・販売しているブラザーグループが運営しており、主に環境保全・保護のための募金に …

4

「プラン・インターナショナル」が行う支援活動で期待できることとは?

プラン・インターナショナルは公益財団法人で、世界51か国で活動を行っており、なおかつ21か国で支援に携わっています。 このように数多くの実績を有していることからも分かりますが、世界的に名を知られた組織 …