日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「プラン・インターナショナル」が行う支援活動で期待できることとは?

投稿日:2017年7月25日 更新日:

4

プラン・インターナショナルは公益財団法人で、世界51か国で活動を行っており、なおかつ21か国で支援に携わっています。
このように数多くの実績を有していることからも分かりますが、世界的に名を知られた組織で、主に子どもの支援を中心に行い、救いを求めている地域の自立のための支援活動にも熱心です。

プラン・インターナショナルの公式サイトでは活動成果を発表しています。
大きく分けて8つの活動に分類することが可能で、子どもにとって特に必要な教育に関する内容、衛生面に関するもの、性に関する問題、保健に関する事柄、子どもが活動できる場に関する問題、家計の問題、子どもの保護や緊急時の支援に関する活動を展開しています。

多くのNGOやNPOではや教育に関する取り組みや保健、衛生面の取り組みに一生懸命ですが、プラン・インターナショナルでは性や生殖に関する活動を行っています。
特に開発途上国においては性教育が十分に行われていないため、先進国では考えにくいような性に関わる問題が多発しています。またそれにつながるHIVやエイズのような病気も猛威を振るっており困り果てている人は数多く存在しています。
そういった現状を打破するためにプラン・インターナショナルでは性や生殖に関する支援活動を行っており、結果的に多くの人を救うことにつながります。

開発途上国ではそれぞれの家庭がしっかりと家計管理ができていないケースも少なくなくて、自立支援がままならないという現状があります。
スリランカでは若い世代や女性のための自立支援を行っており、ニカラグアでは女子を対象にした企業支援にも力を入れています。このような国において起業支援を行う団体は少ないことが予想されますので、プラン・インターナショナルの活動はとても有意義だといえます。

また地域によっては小さな子ども達が虐待を受けていたり、当然の権利を受けられない状況を解決するための活動もしています。
全ての子どもたちを救うことは困難ですが、このような活動によって、その地域で暮らしている人たちが自立しやすくなることが期待されます。
もちろん期待されることはそれだけではなく、開発途上国においてはなかなか得ることができない知識を得られたり、教育に関する支援を受けることも可能です。

プラン・インターナショナルの活動に賛同した場合には、寄付などによって参加することもできるので、子どもを「救う」ために参加してはどうでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

5

「チャイルドサポーター」が行う支援活動で期待できることとは?

日本の子どもと開発途上国などで暮らしている子どもが抱えている問題はかなり異なります。 一般的に考えると当たり前だと思いがちな衛生面に関する問題も、国によっては衛生環境が劣悪というケースも少なくありませ …

ddalki3003 / Pixabay

コンビニ端末で簡単募金

募金とは、募金箱があってそこにお金を入れるイメージをする人が多いかもしれません。街頭で募金活動では、募金箱を持っている人が居る事もありますし、コンビニやスーパーでは、レジの横に募金箱が設置される事も多 …

10

「パレスチナ子どものキャンペーン」が行う支援活動で期待できることとは?

パレスチナ子どものキャンペーンは、認定NPO法人で、組織名の通りパレスチナで暮らしている子どもを支援する活動を行っています。パレスチナが抱えている問題は簡単に解決することができず、こういった類の問題は …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …