日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

コンビニ端末で簡単募金

投稿日:

募金とは、募金箱があってそこにお金を入れるイメージをする人が多いかもしれません。街頭で募金活動では、募金箱を持っている人が居る事もありますし、コンビニやスーパーでは、レジの横に募金箱が設置される事も多いです。

最近では、募金箱にお金を入れなくても募金をする事が出来ます。レジの横に募金箱があるコンビニでも、コンビニの端末を使って募金を行えます。

多くのコンビニに置かれているのが電子端末です。その電子端末を使う事により各種代金の支払いやチケットの購入、サービスの申し込みをはじめ、ありとあらゆるサービス提供が受けられ、実際に利便性の高さを実感している人たちも多いでしょう。このコンビニに置かれている端末を使うことにより、簡単に募金が行えるようになりました。

コンビニ端末を活用した募金では、例えば日本赤十字社が行っており、有名コンビニチェーンのファミリーマートとローソンが対応しています。ファミリーマートで行えるのがFamiポートを使った「Famiポート募金」、そしてローソンで行えるのがLoppiを使った「Loppi募金」となります。誰もが日常的に行くコンビニで買い物ついでに気軽に端末を活用した募金活動ができるようになってます。

利用方法は、「Famiポート募金」を例に説明すると、まず初めに表示されている画面の中にある「申込・請求・募金」を選択します。そして、次に表示される「募金」を選択すると日本赤十字社をはじめとした様々な団体名が表示されます。この中から任意の団体を選択し、その後は画面を見て操作をすることでFamiポートでの操作は完了します。

この方法だと全国様々なところにあるコンビニ端末を使って募金ができるので、任意の団体に対して、確実に募金を届けることが可能になります。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

pisauikan / Pixabay

募金の妥当額

募金に妥当な金額というものがあるかわかりませんが、ネット上の記事の中には、「大体いくらくらいが妥当なのか?」やそれに関係するアンケートの記事もありました。 実際に募金をした人や、募金に興味のある人から …

geralt / Pixabay

セブンイレブン 募金

大手コンビニエンスストアのセブンイレブンに関わりのあるセブン-イレブン記念財団。この団体は募金により、あらゆる活動を可能にしています。セブンイレブンにはレジ前に専用の募金箱が設けられていて、そこにお客 …

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

9

「アジア協会アジア友の会」が行う支援活動で期待できることとは?

アジア協会アジア友の会は、公益社団法人でJAFSと呼ばれることも多いです。アジアの各国で活動を行っており、支援活動を必要としている様々な地域で、救うための有意義な活動をしています。 活動内容は多岐にわ …