日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

募金の妥当額

投稿日:

募金に妥当な金額というものがあるかわかりませんが、ネット上の記事の中には、「大体いくらくらいが妥当なのか?」やそれに関係するアンケートの記事もありました。

実際に募金をした人や、募金に興味のある人からの「多すぎるでしょうか?」「少なすぎるのでしょうか?」という疑問多いようです。募金に興味がある人にとっては、いくら募金をすべきなのかというのが結構気になるようですね。あまりにも少ないと申し訳ない、恥ずかしい、といった考えを持っている人も少なくなくて、こういった募金の妥当額に関する悩みが積極的な寄付の阻害要因ともなっている可能性があるようです。

実際に何らかの募金活動に対してお金を寄付した人の多くは、多くても数千円程度という数字になっています。もちろん募金や寄付というのはお金を出す人の善意に頼る制度なので、自らが金額を決めることができますし、誰かに文句を言われる筋合いもありません。街角や駅前などで行われている募金活動の場合には100円などの小銭を募金箱に投じる人も圧倒的に多いです。

これらの活動の際にも千円以上や場合によっては1万円以上、多い場合には数十万円程度を寄付する人たちもいるでしょう。

そのため、結局のところ募金の妥当額というのは人それぞれ異なることがわかります。金額が募金に対しての阻害要因になっているのであれば非常にもったいないことですし、まずは自分の可能な範囲でお金を用意してはいかがでしょうか。

例えばインターネットを介した募金などであれば比較的1回あたりの募金額が多額になるケースがありますが、とは言っても千円から数千円程度ということが多いようです。また団体によっては1回あたりの募金額があらかじめ数種類用意されていて、その中から任意の金額を選ぶ方法や、それに加えて自らが金額指定を行うシステムのものもあります。

募金をするときに少額だと恥ずかしい…と考える必要はありませんが、もしそういった意識があるのであれば、募金をしている際に顔を見られることがないインターネットを活用した方法がおすすめです。

その時々の自分自身の金銭状況を考慮して、無理のない範囲で行うことが大切でしょう。

無理をしてまで募金をして自らが苦境に立たされることになるといけませんし、それは理想的な募金や寄付活動とはいえません。特にルールが明記されていない限りは気にする必要がありませんが、妥当な募金額といえばやはり一般的には、街角においては小銭分か千円程度~数千円、それ以外の場においても~数千円程度なのかもしれません。

金額にかかわらず、誰かのために募金や寄付を行うということがとても大切なことなので、まずは自分ができる範囲でそういった活動に協力してみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

5

「チャイルドサポーター」が行う支援活動で期待できることとは?

日本の子どもと開発途上国などで暮らしている子どもが抱えている問題はかなり異なります。 一般的に考えると当たり前だと思いがちな衛生面に関する問題も、国によっては衛生環境が劣悪というケースも少なくありませ …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

stux / Pixabay

IKEA FAMILY 子ども募金

家具などの量販店として知られるIKEAは、日本でも高い認知度を誇るお店です。品質の良い製品を扱っていることでも知られていますし、コストパフォーマンスの良さには定評があります。そんなIKEAでは、独自の …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …