日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

無印良品の募金券

投稿日:2017年11月30日 更新日:

無印良品はとても有名で年齢を問わずに人気です。様々な生活雑貨を取り扱っており、価格や質などから世界的な人気があります。自宅の近くにお店がある方も多いでしょう。

そんな無印良品では、独自の募金活動を行っています。募金の種類は災害復興支援や環境保護、発展途上国の支援など様々で、過去には多くの募金実績があります。ユーザーからの募金は無印良品が代わりに所定の団体へ寄付を行います。

ただ、無印良品の募金活動は他と少し違った方法を取り入れています。募金券と呼ばれる商品券のような仕組みになっており、誰でも買い物やネットショッピングを楽しむ感覚で寄付できるのが特徴です。特定の団体などの募金券を購入することで、その団体への寄付が可能になります。

無印良品の募金券は1口あたり10円または100円となっています。つまり10円からの募金が可能で、誰もが気軽に寄付をできる点が一番の特徴と言えるでしょう。少しだけ寄付したい・少額だけでも支援をしたいという方に適していると思います。

一度に寄付が可能な口数はそれぞれの活動・団体により異なります。募金の金額などは上限がありますので、前もって確認しておくと良いでしょう。

募金券の購入

また、一度に複数の活動・団体へ募金をすることはできません。それぞれの募金券を購入後は、その都度決済が求められています。例えば2件に寄付したい場合、1件目の決済を終わらせた後、改めて2件目の募金券を購入・決済する必要があります。寄付後のキャンセルや寄付先の変更もできませんので、決済前に間違いがないか確認しておきましょう。なお、無印良品で販売する他の商品と一緒に決済できないことも注意が必要です。

無印良品の募金券を購入するには、まず無印良品のMUJ.netへパソコンでアクセスし、メンバー登録を済ませる必要があります。スマートフォン・モバイルには対応していないため、パソコンでアクセスしましょう。

メンバー登録を済ませたら、次に支援したい募金券を購入します。その後は一般的なネットショッピングと同様、決済を済ませるだけで募金が完了します。支払い方法はクレジットカード、MUJIギフトカード、MUJIショッピングポイントの3つの中から選べます。

無印良品で行っている募金券は買い物感覚で寄付を行えるのが特徴です。支援したい活動や団体があれば、募金券を購入して気軽に支援ができる体制が整っています。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

6

「ジョイセフ」が行う支援活動で期待できることとは?

ジョイセフは恵まれない人達が多い国において活動しており、その成果はしっかりと出ていると言えるでしょう。 女性が生きやすい社会にすることを目的としており、実際に女性が人間らしく生きやすい世の中になること …

geralt / Pixabay

あしなが学生募金事務局

あしなが育英会は数ある育英会制度の中でも有名な存在で、親が病気や何らかの災害などにより亡くなったり、重い障害を抱えている際に、その子どもに奨学金が支給される制度です。1年間に約5,000人程度の生徒が …

ddalki3003 / Pixabay

コンビニ端末で簡単募金

募金とは、募金箱があってそこにお金を入れるイメージをする人が多いかもしれません。街頭で募金活動では、募金箱を持っている人が居る事もありますし、コンビニやスーパーでは、レジの横に募金箱が設置される事も多 …

wheelchair-1589476_1920

パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』を歌っているのは?

スポーツは健常者だけではなく、身体障害や知的障害を持つ方もたくさん楽しんでおり、障害者を対象にした障害者スポーツをパラスポーツと呼ぶことがあります。パラスポーツ支援として様々なイベントが行われています …

jill111 / Pixabay

日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまち」とは?

ユニセフは「子どもにやさしいまち」という事業を開発途上国と先進国の両方で行っています。この事業は、名前の通りで、より良いまちづくりを行うというのが基本方針となっていますが、子どもを最優先として誰もが暮 …