日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「ESAアジア教育支援の会」が行う支援活動で期待できることとは?

投稿日:2017年7月25日 更新日:

8

ESAアジア教育支援の会は、1979年に設立された特定非営利活動法人です。
子どもに向けた教育に関する熱心な活動をしており、世界中で発生している貧困に関する問題や、差別に関するもの、さらにそれ以外の子どもが巻き込まれる可能性がある問題は教育によって改善可能だという立場に立って、様々な支援活動を日々行なっています。

日本やアメリカのような先進国においては学校に通うことが当たり前で、識字率も当然ほぼ100%となっています。しかし貧困問題を抱えている国などは子どもの教育環境を整備する余裕などなく、子どもが学ぶことができない状態が長い間続いています。
しかし貧困に関する問題は教育によって改善可能なことですから、学びの環境を与えないと当然のことながらこの悪循環はずっと続いてしまいます。
それを断ち切ることが大切ですが非常に難しいです。しかし、ESAアジア教育支援の会であればこれを成し遂げることが期待できますし、数多くの学ぶことができていない子どもたちを救うことが叶うでしょう。

活動エリアは決して広いとは言えませんが、ESAアジア教育支援の会がかかわっているエリアには教育環境が整えられたことによって笑顔を取り戻した子も多数います。例えばESAアジア教育支援の会は、バングラデシュのムングラという地域に小学校を建築しました。初めは牛小屋を使っての授業でしたが、様々な人たちの協力によって校舎が建てられ、以前では考えられないような質の高い授業が行われるようになりました。

学びというのはとても素晴らしいもので、人間社会を構築する上で基礎中の基礎となる存在です。この基礎の部分を充実したものにするためにも、ESAアジア教育支援の会の支援活動が期待されています。学びという観点からその地域に住む子どもたちを救うことができるのは非常に素晴らしいことで、教育を受けた子達が学んだことを活かすことによって、より良い国を作ることに繋がるでしょう。

そして、家庭環境による問題で暮らす家がない女の子が住む家「子どもの家」による教育支援も行っていますし、またインドのチェンナイにあるスラム街で暮らしている子どもたちのための教育環境整備にも力を注いでいます。

学ぶことが当たり前ではない子どものためにESAアジア教育支援の会は支援を行なっており、結果的に多くの人たちを救うことができるでしょう。ESAアジア教育支援の会の活動はボランティア参加や寄付などによって支えられている点も特徴です。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

falco / Pixabay

募金でできること

街頭や店頭、そしてインターネット上などで行われている募金活動ですが、そういった募金活動により集められた多くの募金は、様々な人たちを支援する目的で活用されています。今回はその募金を活用して一体どんなこと …

ddalki3003 / Pixabay

コンビニ端末で簡単募金

募金とは、募金箱があってそこにお金を入れるイメージをする人が多いかもしれません。街頭で募金活動では、募金箱を持っている人が居る事もありますし、コンビニやスーパーでは、レジの横に募金箱が設置される事も多 …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

geralt / Pixabay

あしなが学生募金事務局

あしなが育英会は数ある育英会制度の中でも有名な存在で、親が病気や何らかの災害などにより亡くなったり、重い障害を抱えている際に、その子どもに奨学金が支給される制度です。1年間に約5,000人程度の生徒が …

geralt / Pixabay

セブンイレブン 募金

大手コンビニエンスストアのセブンイレブンに関わりのあるセブン-イレブン記念財団。この団体は募金により、あらゆる活動を可能にしています。セブンイレブンにはレジ前に専用の募金箱が設けられていて、そこにお客 …