日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

「ワールドギフト」が行う支援活動で期待できることとは?

投稿日:2017年7月25日 更新日:

7

国際社会支援推進会のワールドギフトは、不用品を活用することによって開発途上国で困っている子どもを救うための活動をしています。(日本での支援活動も行っています)
この支援によって期待できることは様々ありますが、不用品を活用することで子どもを助けることができるということなので、一石二鳥の成果が期待できます。日本人にとっては不要なものであっても、日常生活を送ることすら困難だと感じている人にとっては非常に重要度の高いものとなるかもしれません。

困っている人たちを救うためには募金や寄付をするということが一般的に考えられていますが、お金ではなくて不用品を活用することができるので、これまではこういった活動にあまり関心がなかった人であっても協力していただきやすくなっています。実際に今では不要になった…というものを送ることによって社会貢献をしている人は後を絶たず、ワールドギフトの支援活動には多くの人たちの協力が必要不可欠だと言えるでしょう。

ワールドギフトの大きな特徴は、例外もありますが、多種多様なものを送ることができるので、支援活動の範囲が非常に広くなります。衣類や日用品、電化製品などは当然喜ばれますが、実は中古のぬいぐるみなどの寄付には不向きだと思われるものであっても全く問題ありません。

ワールドギフトの公式サイトには送る手順や、ルール、送ってはいけないものなどの記載がなされており、集荷料金もしっかりと明記されているため安心です。この集荷料金には送料のみならず、海外へ送る費用なども含まれていて安心です。

日本で暮らしていると直接的に海外で困っている子どもたちを支援することはできませんが、ワールドギフトの支援活動に参加することによって、貢献することができます。不用品を送るという方法のため非常にハードルが低く、誰もが行いやすい支援方法だと思います。

多くのNGOやNPOなどの団体が海外の子どもたちを救うための活動をいろいろと行っていますが、ワールドギフトが実施しているような内容のものは数少ないでしょう。自分が送った不用品を本当に必要としてくれる人が受け取り、その人が笑顔になってくれる…というのはとてもうれしいことです。この支援であればいろいろと成果が期待できますし、日本にいながらにして様々な人たちを救うこともできます。

貧困で困っている人や災害によって困っている人、そして様々なトラブルなどによって通常の生活を送ることができない人を笑顔にすることができる活動をワールドギフトは提供しているのですね。

-最近の投稿

執筆者:


コメント一覧

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …

Couleur / Pixabay

日本政府が行う人道支援

世界各地では紛争や貧困、難民、環境・衛生、医療提供の不足など様々な問題を抱えています。これらの問題解決や世界の人々に支援を行う国際団体は数多くあり、多くの人がボランティア活動や募金活動に協力しています …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

d ポイント

dポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

dポイントは通信キャリアであるドコモの利用や、ファストフード、コンビニなどのお店でも利用できるお得なポイント制度です。今回はこのdポイントを利用した寄付や募金方法などについてご紹介していきましょう。 …