日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

楽天スーパーポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

投稿日:2018年9月14日 更新日:

昨今、日本人の社会貢献への意欲がどんどん高まりつつあると言われています。多くの方がボランティア活動や支援団体を立ち上げ、地球環境全体への関心も寄せられているようです。さらに最近ではインターネット募金で資金提供を行う企業が増えてきていますが、今回は楽天のポイントを利用してできる募金方法についてご紹介していきましょう。

楽天が運営する「楽天スーパーポイント」とは

楽天スーパーポイントとは、楽天市場で利用できるポイントサービスです。楽天カードまたは楽天イーグルスカードの会員に加入している人は、カードショッピングを利用するごとに100円につき1ポイント付与されます。

買い物や旅行、通信費など生活の中で貯まったポイントを楽天スーパーポイントに交換することができるシステムとなっています。さらに買い物や旅行以外にも銀行やアプリ、占いなど多様なサービスを利用することが可能です。お近くのスーパーや飲食店などポイントの利用範囲がどんどん広がっているので「貯めて・使う」のサイクルで管理すればポイントをお得に使うことができるでしょう。

楽天スーパーポイントでできる楽天クラッチ募金

2011年の東日本大震災を機にインターネット募金を希望する声が多く寄せられ、日本中にネット募金の輪が広がりました。楽天もまたこういった被災地のニーズに合わせた支援を行うべく「楽天クラッチ募金」を始動させています。楽天クラッチ募金は、楽天スーパーポイントをはじめ様々な決済方法を使って募金活動に参加することができるサービスです。クレジットカードでの募金は、楽天カード以外にVISAやMasterなども利用できます。

これまでの活動として、「台湾東部地震被害支援募金」「子どもの未来応援基金」「2017年7月九州豪雨被害支援募金」「ペルー洪水被害支援募金」など日本だけでなく海外の災害や人道支援に支援を行い対応してきました。

楽天スーパーポイントの募金方法

最初に楽天クラッチのページにアクセスし、「楽天スーパーポイントで募金する」をクリックします。募金金額の入力画面が出たら、保有ポイントを確認し募金金額を入力して「募金する」を選択してください。楽天ポイントは、1ポイント1円として募金することができます。最後に楽天会員のログイン画面が表示されるので、アカウントIDとパスワードを入力し「支払う」をクリックすれば募金の手続きは完了です。

楽天スーパーポイントを使って募金を行う場合は、楽天アカウントが必須です。楽天会員に加入されていない方は利用できないので、この機会に楽天会員に登録されてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

2

「JANIC」が行う支援活動で期待できることとは?

JANICは認定NPO法人で、国際協力NGOセンターのことです。 現在日本にNGOは数えきれないくらい存在しております。それらが個別に活動をすることも大切ではありますが、力を結集させて支援活動にあたる …

JACLOU-DL / Pixabay

国土緑化推進機構が行う緑の募金

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それ …

8

「ESAアジア教育支援の会」が行う支援活動で期待できることとは?

ESAアジア教育支援の会は、1979年に設立された特定非営利活動法人です。 子どもに向けた教育に関する熱心な活動をしており、世界中で発生している貧困に関する問題や、差別に関するもの、さらにそれ以外の子 …

children-403582_1920 (1)

今年の24時間テレビはいつ?

日本テレビが毎年夏に放送している「24時間テレビ」は1978年からスタートし、2017年8月26日・27日で第40回目を迎えました。今年2018年も第41回24時間テレビが放送されることが決定していま …

d ポイント

dポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

dポイントは通信キャリアであるドコモの利用や、ファストフード、コンビニなどのお店でも利用できるお得なポイント制度です。今回はこのdポイントを利用した寄付や募金方法などについてご紹介していきましょう。 …