日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

LINEポイント【ポイントを利用して出来る募金や寄付の方法】

投稿日:2018年9月13日 更新日:

コミュニケーションの幅を広げてくれる便利で楽しいLINEは、今や日本に欠かせないアプリとなっています。最近では企業側がユーザー間とのコミュニケーションツールとしてLINEアカウントを活用している場面も増えてきています。既に「LINEを使わないといけない時代」になってきていますよね。

さらに、近年に見られる自然災害の被災状況は引き続き警戒を呼び掛けている被災地もあり、かなり深刻な社会問題へと発展していますが、そんな被災地に向けてLINEを利用した募金・寄付についても注目されているのです。そこで今回は、LINEを活用した募金方法についてご紹介していきましょう。

LINEのポイントサービス「LINEポイント」とは

LINEには各種サービスや加盟店舗などで貯めることができるLINEポイントというサービスが用意されています。1ポイントあたり1円相当の価値があり、LINEにある様々なプラットフォームで利用することが可能です。ギフト券やポイントサービス、商品に交換したり、ルーレットなどのゲームを楽しんだり、LINEPayを介して現金化することができるようになっています。

被災支援に寄付できるLINEポイント

LINEでは、平成30年7月におきた豪雨災害により被害を受けた地域に対して寄付金の受付を開始しました。各地で発生した甚大な被害を受けた被災地・被災者に対して支援を行うことを目的としています。期間限定でLINEPayやLINEポイントに通じ、被災地に寄付できるページも設置しました。LINEの寄付方法は、「LINEポイント」と「LINEPay」の2種類です。

LINEポイントでは1ポイント分を1円に変えて寄付することができ、1円/5円/10円/100円/500円/1000円/5000円単位での寄付が可能です。一方、LINEPayで寄付する方法は、手数料などの諸費用4%を差し引いた分が寄付される仕組みになっています。LINEPayの寄付受付ページにアクセスし、一口300円または10,000円のどちらかを選択してください。
寄付金額に応じて口数を入力(半角数字)したら「寄付する」ボタンを押します。最後に内容を確認し「LINEPayで寄付する」のボタンを押して、クレジットカードでの決済を選択するとLINEポイントから決済が行われるようになっています。

このようにLINEポイントはショッピングやポイントサービスとしてではなく、被災地や被災者に対して支援を行うための寄付制度を導入していて、手軽に支援ができる方法として有効です。スマートフォンがあれば誰でも取り組むことができるので、被災した地域に少しでも貢献できるよう積極的に利用していきましょう。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

stux / Pixabay

IKEA FAMILY 子ども募金

家具などの量販店として知られるIKEAは、日本でも高い認知度を誇るお店です。品質の良い製品を扱っていることでも知られていますし、コストパフォーマンスの良さには定評があります。そんなIKEAでは、独自の …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

pisauikan / Pixabay

募金の妥当額

募金に妥当な金額というものがあるかわかりませんが、ネット上の記事の中には、「大体いくらくらいが妥当なのか?」やそれに関係するアンケートの記事もありました。 実際に募金をした人や、募金に興味のある人から …

YamaBSM / Pixabay

日本盲導犬協会 募金

日本盲導犬協会は盲導犬の訓練や施設の運営、指導員の養成や視覚障害者への盲導犬支援などを行っている公益財団法人です。盲導犬の普及や啓発、視覚障害者団体との連携など幅広く活動しており、視覚障害者と盲導犬を …

9

「アジア協会アジア友の会」が行う支援活動で期待できることとは?

アジア協会アジア友の会は、公益社団法人でJAFSと呼ばれることも多いです。アジアの各国で活動を行っており、支援活動を必要としている様々な地域で、救うための有意義な活動をしています。 活動内容は多岐にわ …