日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

ロシアW杯で大活躍したフランス代表FWムバッベが出場給を全額寄付

投稿日:2018年8月11日 更新日:

ロシアW杯で大活躍したフランス代表FWエムバペが出場給を全額寄付

まだ記憶に新しいロシアワールドカップに出場した選手の中で、エムバペというフランス代表の選手をご存知でしょうか。彼は19歳という若さでワールドカップ出場権を手にし、驚異的なスピードスターとして全世界を圧倒させました。しかし、彼のスター性はスポーツ界だけにとどまらず、自身が協賛している慈善団体にワールドカップの出場給を全額寄付するといった人間的にも超一流を極めた人物でもあります。今回は、そんな彼が慈善団体に寄付するまでの経緯についてご紹介していきましょう。

W杯のピッチ内で大活躍した19歳の若手選手

ロシアで開催されたワールドカップにフランス代表選手として出場したエムバペは、10番のユニホームを着用する19歳のサッカー選手です。今回の2018年に開催されたW杯では、グループステージ第2節のペルー戦で、ワールドカップ初のゴールを決め、決勝トーナメントの初戦で戦ったアルゼンチンを相手に2ゴール1アシストという活躍ぶりを見せました。この爆発的なプレイがフランスのベスト8進出に大きく貢献したとも言われています。

このようにエムバペは、他の選手にも劣らないスピードとテクニックを兼ね備えた若きストライカーとして注目されています。

W杯出場給をチャリティーに全額寄付

エムバペの素晴らしい活躍ぶりに賞讃するファンも多くいますが、彼の凄いところはこれだけではありません。フランス紙「レキップ」によると、エムバペはW杯から出る出場給を彼自身が協賛している慈悲団体に全額寄付しているという内容が報じられています。フランスの代表選手たちは、1試合出場するごとに約260万円(2万ユーロ)支払われることになっているのですが、彼は現時点で獲得している出場給をチャリティーとしてすでに寄付しています。

大会で優勝した場合は、約3,900万円(30万ユーロ)のボーナスがもらえるようですが、もちろんこれも全額寄付するつもりでいると言っているようです。エムバペは以前から入院している子どもたちにスポーツをする機会を与えたり、障害に関する知識を高めたりするための活動団体を支援し続けていました。

「ワールドカップでプレイすることは夢であり、喜びでもある。お金のためにサッカーをしているのではない。」という考え方を彼は述べています。エムバペは有能なサッカー選手として、ピッチ内での活躍ぶりが今後も期待できそうですが、ピッチ以外の場でもますます注目を浴びることになるでしょう。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

2

「JANIC」が行う支援活動で期待できることとは?

JANICは認定NPO法人で、国際協力NGOセンターのことです。 現在日本にNGOは数えきれないくらい存在しております。それらが個別に活動をすることも大切ではありますが、力を結集させて支援活動にあたる …

FirmBee / Pixabay

藤沢市環境ワンクリック募金とは?

近年普及しているのがワンクリック募金です。ワンクリック募金とは、振込や決済の手間を掛けずに募金ができる方法のことで、パソコン等から対象の募集をクリックするだけで寄付できます。1クリック当たり○円と決め …

JACLOU-DL / Pixabay

国土緑化推進機構が行う緑の募金

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それ …

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …

hands-216982_1280

日本ユニセフ協会が行った東日本大震災の活動

日本ユニセフ協会は、世界中の子どもたちの命や健康を守ることを目的に募金活動や広報活動を行っているユニセフ(UNICEF)の国内委員会です。国内委員会は先進国を中心に34の国と地域に設置されてますが、そ …