日本ユニセフ協会など、世界の子供たちを支援する団体について調べてみました。

日本ユニセフ協会やワールドギフトなど、アジア圏や開発途上国にて、様々な分野で世界の子供たちを支援する団体についてまとめてみました。

最近の投稿

ホープ・インターナショナル開発機構が行っている活動内容とは?

投稿日:2018年5月22日 更新日:

ホープ・インターナショナル開発機構では、世界の貧困層や厳しい環境を強いられている人々に自立支援を行っています。世界で様々な取り組みを行っているホープ・インターナショナル開発機構ですが、そのプロジェクトや具体的な取り組みについて紹介していきましょう。

ホープ・インターナショナル開発機構について

ホープ・インターナショナル開発機構は、特定非営利活動法人でカナダのバンクーバーに拠点を置くホープ・ネットワークの1つです。カナダの拠点としては1975年に設立され、その一員として2001年にホープ・インターナショナル開発機構が設立されました。世界の9ヶ国にホープ・ネットワークの拠点があり、40年もの間、世界の貧困層への自立支援を主に行ってきているのが特徴です。

現在は、エチオピア・カンボジア・アフガニスタン・フィリピンなどの国々において、安全な水の供給を行い、衛生教育や学校教育などのプロジェクトを進めています。日本でも、東日本大震災への支援を行っています。

取り組みと様々な支援

現在、極度の貧困が連鎖を続け、世代を超えて苦しんでいる人々が世界中に大勢います。生き延びるためには、そうした貧困の連鎖から抜け出し、生活環境や健康状態を改善していかなければなりません。ホープ・インターナショナル開発機構では、日本のボランティアも非常に多いです。世界の貧困層を支援するための募金をはじめ、ボランティアやサポーターとして活躍したり、緊急支援や多くの企業とも協力したりしながら活動を行っているのです。

チャリティイベントも随時行っており、様々な地域のサポーターとともに年間を通じて活動の幅を広げていっていると言えるでしょう。ホープ・インターナショナル開発機構では、「寄付」だけでも特定のプロジェクトに対する支援や最も必要としているプロジェクトへの寄付も行っています。また、カタログギフトを通じての寄付や書き損じはがきからの寄付も可能となっています。1つの支援と言っても、幅広い寄付の内容が設けられているため、より多くの方から支援を受けやすいと言えるのではないでしょうか。

ホープ・インターナショナル開発機構のプロジェクトや取り組みについて紹介してきましたが、今回紹介したのはほんの一部です。ホープ・インターナショナル開発機構では、世界で苦しむ貧困層に向けて、幅広い支援活動を行っています。

興味のある方は、1度HPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

-最近の投稿

執筆者:

関連記事

JACLOU-DL / Pixabay

国土緑化推進機構が行う緑の募金

日本国内には数多くの募金団体がありますが、海外の子どもの支援や日本における子どもの支援、各種災害に関する支援などを目的としています。しかしこの地球をより良い環境にするためにも当然資金が必要になり、それ …

doanme / Pixabay

ふるさと関東学院募金

ふるさと関東学院募金は、関東学院の各校の教育を奨励するための募金です。学校法人関東学院が運営しています。関東学院を発展・継続させるための募金活動になっており、寄付金は主に教育施設の拡充や教育支援などに …

blickpixel / Pixabay

Brother Earthのクリック募金

Brother Earthのクリック募金は、クリックすることで募金が可能な募金サービスです。ミシンやFAXなどの製品を製造・販売しているブラザーグループが運営しており、主に環境保全・保護のための募金に …

children-403582_1920 (1)

今年の24時間テレビはいつ?

日本テレビが毎年夏に放送している「24時間テレビ」は1978年からスタートし、2017年8月26日・27日で第40回目を迎えました。今年2018年も第41回24時間テレビが放送されることが決定していま …

DarkoStojanovic / Pixabay

日本骨髄バンク

日本骨髄バンクは、1991年に設立された骨髄支援・提供のための団体です。設立当初は財団法人骨髄移植推進財団という名称でしたが、2013年に公益財団法人日本骨髄バンクへと名称を変更しています。 白血病な …